ジュニアゴルファーを応援します♪♪

ゴルフはフェアプレーの精神を重んじるスポーツであり、審判員がいない数少ない スポーツです。ジュニアゴルファー達にはこの精神に則り、ルールやマナー、 エチケット通じてゴルフの素晴らしさを伝え、健全な人格形成と体力の向上を図り 立派な大人に成長することを願うばかりです。 昨今、日本のゴルファー人口が年々減少している傾向が顕著になっている中で、ジュ ニアゴルファーの健全な育成を通して、ゴルフ人口の拡大に努め、ゴルフの普及・活 性化に繋がればと考えております。 またゴルフは年齢、性別に関わらず世代を超えて楽しめるスポーツでもあります。 この素晴らしいスポーツであるゴルフを更に普及させるべく、当サイトでは ジュニア料金があるゴルフ場やジュニアゴルフレッスン、また試合・大会、イベント 他、ジュニアゴルフに関する様々な情報をお伝えしています。

記事一覧

  • イベント

     3月11日(金)~13日(日)の3日間、「パシフィコ横浜」で開催される「ジャパンゴルフフェア2022」に出展します。ゴルフの新商品展示に加え、ご自身の最大飛距離になるボールとクラブを見つけることができる「ゴルファーズドック」の体験、当社契約プロのトークショーなど、沢山のイベントが目白押しです。今年は、ご来場できない方々に向けて、ブリヂストンゴルフブースの紹介やイベントをLive配信してまいります。日時:3月11...

    記事を読む

  • ジュニアゴルフニュース

     横浜市・日吉のゴルフ練習場「梅里カントリークラブ」で、毎週2回(水曜、金曜)のジュニアレッスンを行っているオーストラリア人コーチ、マイケル“トモヤ”スミス氏。そこでは、コミカルなグッズやゲームを取り入れながら、ライトな英会話も交えて、子どもたちがゴルフを楽しみながらスキルアップを促すプログラムが組まれている。打席の後ろには「レッスン中のやくそく」と書かれたホワイトボードがある。「4.たのしもう」...

    記事を読む

  • ジュニアゴルフニュース

     国内女子ツアー開幕が来週に迫った。今年も「ダイキンオーキッドレディス」を皮切りに38試合が行われる。通年の出場権を持つシード選手は賞金ランキング、およびメルセデスランキング上位50位までの52人に加えて、昨季の賞金ランキング、およびメルセデスランキングの51~55位までの5人やQTランキング38位までの主力選手100人(永久シード選手は除く)のデータをとことんチェック。今回はゴルフを始めた年齢を調べてみた。(...

    記事を読む

  • 試合・大会

    【大会概要】■名称大東建託・いい部屋ネットレディース ジュニアトーナメント■主催大東建託株式会社■後援住友ゴム工業株式会社■協力鳴沢ゴルフ倶楽部、ザ・クラッシックゴルフ倶楽部■開催日【西日本大会】 2022年5月7日(土)ザ・クラシックゴルフ倶楽部(キング・クイーンコース)※トップスタート 8:00~【東日本大会】 2022年5月14日(土)鳴沢ゴルフ倶楽部※トップスタート 7:36~■参加資格2004年4月2日~2009年7月20日生ま...

    記事を読む

  • ジュニアゴルフニュース

    前・選手会長のげんちゃんこと時松隆光(ときまつ・りゅうこう)が、自身の名前を冠した初のジュニア大会「日本長江ゴルフクラブpresents 時松隆光カップジュニアゴルフチャンピオンシップ」を開催。2月11、12日の実施を予定していた本戦は、あいにくの雪で中止となったが、12日には会場の日本長江ゴルフクラブ(千葉県・市原市)で出場予定だったジュニアをレッスンするなど、ふれあいの時間を持った。ジャパンゴルフツアー選手会の会...

    記事を読む

【ブリヂストンゴルフ】ジャパンゴルフフェア2022 出展のお知らせ

 3月11日(金)~13日(日)の3日間、「パシフィコ横浜」で開催される「ジャパンゴルフフェア2022」に出展します。

ゴルフの新商品展示に加え、ご自身の最大飛距離になるボールとクラブを見つけることができる「ゴルファーズドック」の体験、当社契約プロのトークショーなど、沢山のイベントが目白押しです。

今年は、ご来場できない方々に向けて、ブリヂストンゴルフブースの紹介やイベントをLive配信してまいります。

日時:3月11日(金)・12日(土)・13日(日)

時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)

会場:パシフィコ横浜 展示ホール ブース4-15
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

入場料当日:1,500円(税込)、前売:1,000円(税込)
18歳未満、学生は無料

※各イベントの内容・スケジュールは、変更になる場合がございます。詳しくは、当日ブース内インフォメーションにてご確認ください。

その他詳細は、ゴルフフェア公式サイトをご覧ください。

ブースのご案内

Team Bridgestone フォトスポット

プロが実際に使用したキャディバックやプロの等身大パネルを展示。ここで写真を撮ってご自身のSNSで発信いただくと、New TOUR B XSボールを1個プレゼントします。
※「ミッションクリアで TOUR B XS をゲットしよう」のプレゼント企画、ミッション2クリアでのボールプレゼントに含まれます。

プロサポートカーコーナー

プロのトーナメントで欠かせない、サポートカーを展示。普段見ることのできないサポートカーの内部や実際の作業風景を見ることができます。

ボールガチャコーナー

契約選手が実際にトーナメントで使用している、オウンネームボール(プロオリジナルネーム入り)が入ったガチャガチャをお楽しみください。どのプロのボールが出るかはお楽しみです。
※有料1回(1個) 500円
※数に限りがあります。

ゴルファーズドック体験コーナー

ブリヂストンゴルフ独自のアプリケーションにより、一人ひとりのスイングを解析し、ご自身がもっとも飛ばせる、ボールとクラブを提案します。体験された方にはご自分に合ったボールを1個プレゼントします。
※感染対策上の観点から、グローブはご自身でお持ちください。

ブランドヒストリー、ボール・クラブコーナー

ボール開発 90 年のブランドヒストリーや、新商品ゴルフボール・ゴルフクラブの展示を行います。

JGF限定!ボールプレゼント企画
<ミッションクリアで New TOUR B XS をゲットしよう>

下記ミッションクリア毎に、ボール1球プレゼントします。

ミッション1:来場者の事前登録情報を提供してくれた方(QR コードスキャン)
ミッション2:当ブース内のBマークを入れた画像・動画をSNS投稿していただいた方
※タグ付け(#ブリヂストンゴルフ)
ミッション3:会場で当日新規WEB会員登録した方(サンキューメール提示)
※数に限りがあります。
※それぞれのミッションは、おひとり様1日1回でお願いいたします。

詳細につきましてはブリヂストンゴルフの公式サイトでご確認ください。



怒る『親』とごまかす『子』 楽しくないゴルフは続かない【ジュニアレッスン最前線】

 横浜市・日吉のゴルフ練習場「梅里カントリークラブ」で、毎週2回(水曜、金曜)のジュニアレッスンを行っているオーストラリア人コーチ、マイケル“トモヤ”スミス氏。そこでは、コミカルなグッズやゲームを取り入れながら、ライトな英会話も交えて、子どもたちがゴルフを楽しみながらスキルアップを促すプログラムが組まれている。

打席の後ろには「レッスン中のやくそく」と書かれたホワイトボードがある。「4.たのしもう」という項目には「楽しくゴルフをすることが、上手くなる近道です!」というメッセージが示されていた。ゴルフに限らず、日本のスポーツ界には「とにかく球を打つこと」、「トラック1台分の球を打て」といった、武道的な教えが根づいているが?

「昔は『辛い練習をすると上手くなる』とか『2000球を打ち、体が痛くなるまでよくガンバりました』なんて言われましたが、いやいや、それでは子どもが体を壊すだけ。そういう“気合いと根性”を押し出した精神論のようなジュニアレッスンが、かつてありました。子どもたちは一人ひとり、みんな違うペースでゴルフをしています。かなり真剣にやる子もいれば、少し遊び感覚で取り組む子もいる。それでイイんです。子どもたちを横一線にしないで、それぞれの子にアジャストするように心がけています」(マイケルコーチ、以下同)

実際にレッスンのシーンを見ていると、マイケルコーチは子どもたちへ気さくに話しかけながら、アイテムを適切に使ってその子が上手く打つためのドリルを授けたりアドバイスを送る。子どもは上達すると楽しくなり、自ずと真剣に集中して球を打つ。そして、新たな課題が見つかるとマイケルコーチがレクチャーをして、再び夢中になって練習する。“楽しい”と“真剣”が共存しているのだ。「そんなやり方じゃダメだ」「なんでこうできないんだ」といった、日本にありがちな“粗探し”や“減点法”の指導ではない。

「日本でたまに見かけるのは、親が子どもを怒っていたり『もっとガンバりなさい!』と上から押さえつけるように教えていること。そういうシーンを見ると、あの子はゼッタイにゴルフが楽しくない、あと何年かしたらゴルフを辞めちゃう、というのがわかります」

記事全文
(2022年02月27日 ALBA.NET)



10歳で始めるのは遅い? 女子プロがゴルフを始めた年齢の平均は8.81歳【データで見る女子ツアー2022】

 国内女子ツアー開幕が来週に迫った。今年も「ダイキンオーキッドレディス」を皮切りに38試合が行われる。通年の出場権を持つシード選手は賞金ランキング、およびメルセデスランキング上位50位までの52人に加えて、昨季の賞金ランキング、およびメルセデスランキングの51~55位までの5人やQTランキング38位までの主力選手100人(永久シード選手は除く)のデータをとことんチェック。今回はゴルフを始めた年齢を調べてみた。(日本女子プロゴルフ協会の公式記録参照)

若年化傾向? ゴルフを始めた年齢を円グラフで【写真】

■最も早く始めたのは古江彩佳らの3歳

日本女子ゴルフ界の礎を築いた樋口久子は高校卒業後の18歳でゴルフを始め、岡本綾子はソフトボールの実業団チームで活躍後、21歳からゴルフを始めた。1980、90年代に活躍した選手のほとんどは、高校まで別の競技をやっていて高校卒業後に研修生となり、プロゴルファーになっていた。20年ほど前も研修生を経てシード権を獲得した選手も少なくはなかった。

しかし、昨今はジュニア時代にゴルフを始め、高校卒業とともにプロの世界に飛び込む。今季の前半戦の出場権を持つ100人(西村優菜は公式記録に記していないので除く)のゴルフを始めた年齢を見ると、最も早いのは3歳で古江彩佳、佐久間朱莉、東浩子の3人。最も遅いのが全美貞(韓国)の15歳。次いで藤田さいき、イ・ナリ(韓国)、沖せいらの14歳。99人の平均は8.81歳だった。小学3、4年生からクラブを握り始めていることになる。

ゴルフを始めた年齢の内訳を見ると、最も多いのは10歳の23人(シード選手は13人)。稲見萌寧、原英莉花、高橋彩華、渡邉彩香らがいる。次いで多いのが8歳の19人(シード選手は12人)。小祝さくら、勝みなみ、大里桃子、渋野日向子ら1998年度生まれの黄金世代の選手を中心に20代前半の選手が多い。その次は、鈴木愛や永峰咲希、比嘉真美子ら11歳の14人(シード選手は9人)となっている。

記事全文
(2022年02月25日 ALBA.NET)



大東建託・いい部屋ネットレディス ジュニアトーナメント【2022】

【大会概要】

■名称
大東建託・いい部屋ネットレディース ジュニアトーナメント

■主催
大東建託株式会社

■後援
住友ゴム工業株式会社

■協力
鳴沢ゴルフ倶楽部、ザ・クラッシックゴルフ倶楽部

■開催日
【西日本大会】 2022年5月7日(土)
ザ・クラシックゴルフ倶楽部(キング・クイーンコース)
※トップスタート 8:00~

【東日本大会】 2022年5月14日(土)
鳴沢ゴルフ倶楽部
※トップスタート 7:36~

■参加資格
2004年4月2日~2009年7月20日生まれの女子アマチュアゴルファー
※選手は当日行われる表彰式まで参加出来ること、また、選手が入賞した場合に、保護者の方が大東建託・いい部屋ネットレディス本大会まで同伴されることを条件とします。
※本年は本戦コース体験のエントリーはございません。

■参加人数
各会場60名
※落選者に対してはキャンセル待ち通知書を発送。
※最終エントリー〆切は4月13日(水)
※出場意思確認書の締め切り日(4月27日(水))を過ぎた場合は欠場とみなし、次点補充者(キャンセル待ち選手)を繰り上げます。

■競技方法
18ホールストロークプレーによる個人戦
1.同スコアの選手がいる場合は、No.18ホールからのカウントバックを行い、より少ないスコアで終了したホールがあった選手を上位とする。
2.全選手が18ホールを消化できなかった場合、そのクラス全員が消化しているホールよりカウントバックにて順位を決定する。競技中止となった場合は、原則、事務局にて本戦出場者(権)を決定する。但し、競技中止の判断は本大会本部で行うものとする。

■表彰
優勝者はホールアウト後、表彰式を行います。(屋外にて表彰・記念撮影)
優勝者は必ず出席してください。なおその他出場者の参加は自由といたします。
(ホールアウト後、お風呂にご入浴の上、ご参加頂きますようよろしくお願い致します。)

■優勝特典
各大会優勝者
大東建託・いい部屋ネットレディスへの本戦出場権獲得(主催者推薦枠)

■エントリーフィー
¥2,000(消費税込)
※参加賞有り
※選手のプレー代、キャディフィー、ハーフターン時の軽食、保険代を含みます。
※お帰りの際、コースフロントにてお支払ください。


詳細につきましては大東建託・いい部屋ネットレディスの公式サイトでご確認ください。





新ジュニアゴルフ委員長が始動。時松隆光の新たな使命感

前・選手会長のげんちゃんこと時松隆光(ときまつ・りゅうこう)が、自身の名前を冠した初の
ジュニア大会「日本長江ゴルフクラブpresents 時松隆光カップジュニアゴルフチャンピオンシップ」を開催。

2月11、12日の実施を予定していた本戦は、あいにくの雪で中止となったが、12日には会場の日本長江ゴルフクラブ(千葉県・市原市)で出場予定だったジュニアをレッスンするなど、ふれあいの時間を持った。

ジャパンゴルフツアー選手会の会長は2年の任期を終えたが、後任の谷原秀人が率いる22ー23年の新体制では、ジュニアゴルフ委員長に就任。
「将来の夢はプロゴルファー、と言ってくれる子をひとりでも多く増やしていくのが僕の使命」と、今年も責任感に燃えている。「松山選手や石川選手らに続くスター選手がひとりでも多く出てきてくれますようにと思いながら今回も参加させていただきました」と、さっそく手腕を試してきた。

悪天候で試合をさせてあげられなかった分も穴埋めしたい、と地元福岡から2泊3日で臨んだレッスン会にも余計に熱が入った。
「JJGA(日本ジュニアゴルフ協会)様のご協力を得て、日本全国から子どもたちが集まってくれたのですが、みな志の高い子たちばかりでした」とレベルの高さにも目を見張った。

記事全文
(2022年2月14日 JGTO News)


Copyright © ジュニアゴルファー応援隊 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます